Column vol.3「私」にも関係ある、「地獄」の話。

Column vol.3
「私」にも関係ある、「地獄」の話。

このコラムを読む前に、よろしければ
Column vol.2
「死後の世界はあるか」「人生に意味はあるか」を知りたい人へ

をご覧ください。

地獄は、現実に存在する
子供の頃、昔話や絵本で見た「地獄」は、とにかく恐ろしくて、
「こんな世界が、本当にあるんだろうか」と思った記憶があります。

しかし、霊的世界の真実をお伝えするならば、
「地獄」という世界は、厳然として存在しています。

衝撃的な、地獄の真実
「地獄が本当に存在する」と思うと、少し背筋がゾっとしますよね。
今回はもうちょっとだけ、衝撃的なお話をしたいと思います。
それは、多くの人が知らない地獄の真実についてのお話。

地獄に堕ちる人って、どんな人?
みなさんは、「地獄に堕ちる人」って一体どんな人だと思いますか?
ちょっとイメージしてみてください。

「地獄は、生きていた時に悪いことをした人が行くところ」
というイメージはあるけど、
「悪いことって、どのくらい悪いことをしたら地獄に堕ちてしまうの?」
「自分は、大丈夫かな?」
と考えてみると、実は、「よくわからない」ものなんですよね。

私なんかはずっと、
「地獄は犯罪などの重い罪を犯した人が、死んだ後に行くところ」
「自分にはあまり関係のないところ」
というイメージを漠然と持っていました。

そう思っていたのは、多分、
「世の中で、そう非難されているわけでもなく、普通に生きている自分が、
地獄に堕ちるなんてありえない」
という気持ちがあったからだと思います。

天国と地獄を分けるもの

では、真実はどうなんでしょうか?

まず、知っていただきたいのは、霊界とは「心がすべて」の世界であり、
あの世に還ると、その人が生前何を考え、どんな思いで生きてきたのか、
その心の判定が成されるということ。

そして、この世を超えた霊的世界には、「善悪」というものが厳然と存在しています。
さらに、その「善悪」は、
この世の法律による判定や、現代の常識によって定められたものではなく、
根源的な、仏の心、神の心に由来するもの――。

つまり、犯罪を犯したり、世の中から悪と判定されるようなことがなかったとしても、
仏や神の御心に反する思いで生きた人には、地獄へ赴く可能性があるということ。

書籍『あなたの知らない地獄の話。』には、
生前、どんな思いを持っていた人が、死後、どんな地獄へ行っているのか、
天国に還るための心のあり方、
さらには、地獄をみつめる、仏や神といわれる存在のお心までが、
さまざまに、リアルに、説かれています。

いま、生きている私たちにとって、「地獄」は、
自分に関係のないところではなく、地獄に行く可能性は誰にでもあります。
天国と地獄を分ける「心の法則」をぜひ、知ってください。
それは、“仏の心、神の心を知って人生を生きる”ということでもあるでしょう。
そして、それはとっても、“いいもの”です。
この本との出会いによってあなたの人生に神の光が満ちることを、心から願っています。

『あなたの知らない地獄の話。』幸福の科学出版サイトへ

〇あなたも行くかもしれない現代の地獄
〇地獄に行くのは「自由の使い方」を間違えた人
〇天国に還るための「心の三毒コントロール法」
地獄を支える仏の涙 ほか


“地獄”ではなく“天国”に還ろう (大川隆法著『あなたの知らない地獄の話。』発刊記念 スペシャル・アーカイブ