映画「僕の彼女は魔法使い」。この映画の見どころの1つは、人間である竹中優一という青年が、「魔法使いの修行」をするシーンがあるところです。その中のひとつに、水盤に向かって精神統一をする、というものがあります。この水盤は人の心の状態を表すもののようで、小石が投げ込まれたように波打ったり、ゴボゴボと泡だったり…。一見好青年の優一も、けっこう心が乱れているのね…と意外に感じるシーンでもあります。心を透明に…

人生を、未来を、魂を輝かせる方法 もし、「過去の罪を消す魔法の消しゴム」があったら、みなさんは、手に入れたいと思わないだろうか。 しかし、実はその魔法の消しゴムは、私たち一人ひとりにすでに与えられているのだ、と言ったら信じてもらえるだろうか。 この「過去の罪を消す魔法の消しゴム」のことを、「反省」という。 ──そう言われてカクッと来た方もいるかもしれない。 「反省」というと、たとえばこんなイメージ…

「子供は親を選べない」? さて、世間ではいつからか、「毒親」なる言葉が多く聞かれるようになってきた。そう言われてみると、うちの親も毒親かもしれない──そんなふうに思えてくる人もいるかもしれない。実際、親子の葛藤、特に子供から親に対して、何らかの不満や葛藤を抱えているというケースは少なくないだろう。 「子供は親を選べない」とも言われるが、一方、「人は生まれる前に天国で親子の約束をしている」という説も…

実はそんなに怖くない「死」 人間にとって、そしてすべての生きとし生けるものにとって、避けることのできない「死」――。のっけから、「縁起でもない」と怒られそうで恐縮だが、人や動植物がいつか死ぬ確率は、どう目をそらしても100%であることは事実だ。「死」が自分の将来に必ず訪れることは分かっていても、普段は、怖いからなるべく考えないようにしている、という人が多いのではないだろうか。 しかし、怖いのは、死…

「坊主宅配便」「散骨」「樹木葬」etc.の根底にある見方 さて、昨今、巷で流行るものといえば、「坊主宅配便」だったり「散骨」だったり、「樹木葬」なんていうのも登場したり。そこに共通するのは、要するに「お葬式とかお墓とかは、なるべく簡略化したい。そんなに無駄にお金をかけたくない」というニーズではないだろうか。 それは確かに一理ある。そもそも、お坊さんの読経の内容を理解できる人はほとんどいないわけだし…

ほんとうの「終活」って? スピリチュアルな側面 さて、少子高齢化の進む現代、巷で流行るものと言えば、「終活」である。 確かに、人生の終わりを迎えるに当たって、早めに手を打っておくというのは大事だ。突然に逝かれて、遺された家族がてんやわんや、なんていう図式を避けるべく、葬儀のこと、財産のこと、その他もろもろ、きちんと決めておくこと、処理できるものは処理しておくことは、家族への最後の贈り物と言えるかも…

Column vol.6 あなたにとって一番大切なものを、あなたはまだ知らない。 現代は「知り尽くした」時代 スマホ、テレビ、インターネット、etc どこにいても、世界中の、どんな分野の情報も手に入る。 大昔には、“未知の世界”と思われていたさまざまな疑問も、そのほとんどは科学の進化によって解明されました。今や人間に知らないことはない。現代は、そういう時代かもしれません。 本当にそうか? でも、あ…

Column vol.5 ビジネスの成功と、「人格力」。   今回ご紹介する書籍は『人格力』。 新入社員からトップまで必読の、ビジネス成功論とリーダー論が説かれた書籍です。 確かな実績と深い人間学に裏打ちされた同書は、 私達の欠けていた視点に気づかせてくれ、 的確かつ具体的な方法で、着実に成功へと導いてくれる説得力に溢れています。 ビジネスで成功したい。自分をもっと高めたい。仕事に生きが…

Column vol.4 「創造的人間」 のススメ みなさんは、自分の力を十分に発揮できていますか? もともと、自分の能力にはあまり自信がない。 最近伸び悩んでいて、限界を感じている……。 もし、あなたがそう感じているなら、クリエイティブな能力を鍛えてみてはいかがでしょうか? AI(人工知能)の発展によって、人間の仕事は無くなってしまうかも… なんて不安もある現代において、生き残り、世の中に必要と…

Column vol.3 「私」にも関係ある、「地獄」の話。 このコラムを読む前に、よろしければ Column vol.2 「死後の世界はあるか」「人生に意味はあるか」を知りたい人へ をご覧ください。 地獄は、現実に存在する 子供の頃、昔話や絵本で見た「地獄」は、とにかく恐ろしくて、 「こんな世界が、本当にあるんだろうか」と思った記憶があります。 しかし、霊的世界の真実をお伝えするならば、 「地獄…