「客観」の検索結果

「客観」の検索結果

1562回(2021/9/4,5)

心の指針「自己の客観視」

“神仏の目”で自己を眺める―。

【今回のポイント】

◇たいていは「主観」のままに生きている―?

◇反省の方法―八正道の「正見」

◇“霊的な存在の目”を意識する

◇死んだあと「照魔の鏡」で人生が映し出される。

今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2021年9月号に掲載されている、心の指針「自己の客観視」です。たいていの人たちは「主観」のままに生きがちですが、本当の意味での自己の客観視とは一体どういうことなのか。心の指針を紐解いてみましょう。番組後半には、映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の挿入歌「はかなくて、つたなくて」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)も紹介します♪


1340回(2017-06-04 09:00:41)

心の指針「熱意って何だろう」

月刊「幸福の科学」2017年6月号掲載

【今回のポイント】
◇それぞれの立場で成功を掴むためには、客観的条件ではなく「熱意」が必要となる。
◇自らの内に眠る「熱意」の力を信じることが大事。
◇祈りによって、自らの無限のエネルギーに目覚めよう!

「決して能力が低いわけでも、恵まれていないわけでもないのに、今一つ、成功の軌道にのれずにいる。なんでだろう…」そんな思いを持たれている方にこそ聴いていただきたい内容です!人生の成功においてとても大切な「熱意」の持つ力について、心の指針を読み解きながら学んでいきます。きっとあなたも、心の内に眠る「熱意」がふつふつと湧き上がってくるのを感じるはずです。どうぞお聴きください。


1291回(2016-06-26 09:00:39)

ジャーナリスト、綾織次郎さんに聞く!自分の見方、社会の見方

一人ひとりの人生は、社会としっかりつながっている

先週から、若者向けシリーズ企画!題して「世の中と、私」をお届けしています。「別にどうでもいいじゃん」「自分が行動しても、世の中何も変わらない」そんな、社会に対してあきらめにも似た気持ちを持っている若い人たちの心と向き合い、宗教的な視点から、自分や世の中を見つめることの意味や素晴らしさを知ってもらいたい!という気持ちから、スタートした企画です。今日お送りするのは、ジャーナリストで月刊「ザ・リバティ」の編集長である、綾織次郎さんとのトークの模様。「夢を持つって、なんで大事なの?」「ぶっちゃけ、社会のことにあんまり興味ないんですけど」といった質問に、ジャーナリストらしい、客観的でリアルな視点からお答えいただきました。ミニ・コーナーでは、綾織さんからのリクエスト曲も流しています♪実際には90分にも及んだ収録、番組では流れなったトークの模様は、天使のモーニングコールYouTubeチャンネルでご覧いただけます!